パンケーキと生酵素の採り方

酵母で一石二鳥

「身体に良い成分」として、よく耳にする「酵母」や「酵素」ですが、よく似た響きのこれらは何がどう違うのでしょうか。
気になっているけれど、どちらがより良いのか、どんな働きをするものなのかがよく分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

ビール酵母や酵母パンなど、よく食べたり飲んだりするものにも含まれていることはご存知の方も多いでしょう。
「酵母」とは、食品を発酵させる力を持つ微生物を指しています。
食物の表面や中だけでなく、土の中や人の肌の表面にも居るこの微生物は、種類によっては、食物に含まれる糖分を分解し、アルコール成分を作り、それを発酵させる力が高いことから、味噌や醤油、日本酒やパンなどのさまざまな食品を作ることに用いられています。
つまり、酵母は体内に入ってきた過剰な糖を分解してくれる働きがあるのです。
ですから、ダイエットにも効果があるとされています。

そして、この酵母が活動するためのエネルギー源が「酵素」です。
ですから、酵母を使った食品には、当然のように酵素が含まれています。
そして、酵母は熱に強い外膜を持っているので、熱加工されたり胃液などの酸に晒されても、中の酵素が壊れにくいという性質を持っているのです。
なので、どちらがより良いかということではなく、どちらも身体にとってとても大切なだけでなく、酵素を効率よく摂取するためには、酵母に包まれた状態のものを摂ることが好ましいということになります。

更に、より体内で活動できる酵素を増やしたいと考えた時には、酵母を使った食品を摂ると同時に、生酵素の摂れる、果物や野菜を一緒に食べることが好ましいでしょう。
忙しくて体力が落ち気味な時期や、暑さや寒さで体調が思わしくない時などは、発酵食品やサラダや果物を摂るなどして、体内の環境を整えてあげることがお勧めです。
酵母を含む食品を食生活に上手に取り入れ、酵母だけでなく生酵素も効率よく摂取してあげましょう。